青汁に含まれる栄養分と健康について

青汁を飲み続けることにより癌を予防する効果が期待されます。青汁に含まれるビタミンA、C、Eには抗酸化作用があると言われていて、悪性変化を起こした細胞や、ウイルスを殺すナチュラルキラー細胞(NK細胞)の働きを活性化し免疫機能を向上させる効果が期待できるからです。
また、青汁は美容にも効果的です。青汁に含まれるビタミン類の中で、ビタミンCは美肌、美白などに高い効果があり、コラーゲンの生成を助け、ビタミンB2には脂肪燃焼効果、皮膚再生機能促進などの効果が期待できます。ビタミンB6は皮膚の健康を支えホルモンバランスを整える働きもあります。ミネラルには骨粗しょう症や、貧血予防に必要なカルシウムも含まれています。
青汁に含まれる葉緑素には、血液をサラサラにしたり血栓を予防する効果が期待できます。青汁の原料でも有名なケールには「アリルイソチオシアネート」という栄養成分が含まれていて、「アリルイソチオシアネート」には血液をサラサラにし血栓防止作用があります。
青汁には便秘解消の効果があります。青汁を飲むと青汁に含まれる食物繊維によりお通じがよくなり便秘解消につながると言われています。食物繊維は老廃物を体内から排出する働きをします。
このように青汁を飲むことにより、忙しく野菜が不足しがちな現代人がビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養分を手軽に摂取することが可能になり、それらの栄養分によりガンなどの生活習慣病を予防することができます。更に美肌効果もあり、便秘の解消によりダイエットの効果まで期待出来るということです。